地熱発電に対する考察/下田穣

「日本が資源大国としての優位を活かすために必要なものは地熱」と下田穣は語っています。また、日本は世界でも有数の資源大国で、地熱に関しては世界上位と説いています。この地熱を、もっと日本で発展させていくことがとても大事だと考えているようです。地熱発電というのは、火山活動によって発生する熱を利用して蒸気を生成、タービンを回して発電するという技術です。この地熱発電は、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーよりも、さらに天候の影響を受けることなく発電することができる、安定性の高いエネルギーです。この地熱発電をもっと日本で発展させていくことが、エネルギーの面においてもとても大事だと考えているのです。

下田穣は、リベラルソリューション株式会社という会社の代表取締役社長です。人材派遣会社、不動産コンサルティング会社で営業やコンサルティングに従事し、それからリベラルソリューション株式会社を設立しました。
それから現在は、自然エネルギーの分野で精力的に活動をしています。太陽光発電システムやオール電化製品といった一人ひとりのライフプランに合わせた画期的な提案を積極的に行っているのです。

彼は、地熱発電が日本でそこまで発展していない理由としては、大きなものが立地問題といいます。この立地が、地熱発電においてとても大事な要素の一つなのです。日本では、地熱発電に適した効果的な場所の多くが温泉地と競合している場所、また国立公園内といった地熱発電の開発が非常に難しい場所ばかりなのです。温泉地と競合している場合は、地元住民から温泉枯渇のリスクの影響もあり、反対が起こることも少なくありません。そのため、地熱発電を無補償で開発にこぎつけるのは、非常に難しいことなのです。

日本では資源大国としての優位を活かすことのできる地熱があります。しかし、こうした様々なリスクもあり、せっかくの資源である地熱を有効活用することができていないのです。下田穣は、日本が有効的に地熱を活用するためには、こうした地熱発電の先進国である他国から積極的に学んでいく必要があると説いています。地熱発電の先進国から学び、今後、地熱発電をどのようにするのが効果的なのかを考察するのは、非常に大事なことと言えるのではないでしょうか。これが、日本の地熱発電をさらに発展させていくためにとても効果的なポイントの一つといえるでしょう。さらなる地熱発電への理解普及が、日本の地熱発電の技術がさらに発展していくきっかけになることが大切です。

地熱大国、日本が資源大国としての優位を活かすために必要なもの/下田穣
http://news.goo.ne.jp/article/biztimes/business/biztimes-20130129-02.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る